ウェスティン・ヨーロッパ&レジーナ,ヴェニス

4.0 (229件のレビュー)

30124, イタリア, ヴェニス, San Marco 2159   •   現地時刻:     •  電話: +39 041 2400001  

4.0

歴史

Grand Canal Terrace

ウェスティン・ヨーロッパ&レジーナ、ヴェニス は、18世紀と19世紀の宮殿5棟で構成されています。最も古い宮殿はティエポロ館で、「ドージェ」と呼ばれる2人の国家元首と17世紀の画家ジャンバッティスタ・ティエポロを輩出した高名なヴェネチア一族ティエポロ家の所有でした。

また、 宮殿のうちの一つはサンモイゼ劇場だった建物で、 1818年までサンモイゼ劇場の名で運営されていました。 杮落しの演目は、若き日のロッシーニが作曲した最初のオペラ婚約手形」で、1810年11月3日にこの劇場で上演されました。その後 ミネルヴァ劇場と名を改め、19世紀末には人形劇 や映画など あらゆる種類の演目が 上演される場となりました。実際に定礎には次のように記されています:「1896年7月9日夕刻、ここミネルヴァ劇場(前サンモイゼ劇場)にて、リュミエール兄弟による映画がベネチア市民に初公開さる。」

19 世紀には、 ティエポロ宮殿とグランドカナルの河岸で 美しい中庭に面して建つ建物はすでにホテルへと生まれ変わっていました。ホテルバルベージ(1868年)として創業しましたが、後にホテルブリタニア(1881年)として知られるようになりました。所有者兼経営者は カルロ・ヴァルターという名士でした。

1908年の秋には、著名な印象派の画家クロード・モネが宿泊しています。その 長期間にわたる滞在中に、自身の才能を最大限に活かし、 ホテルからの壮大な景色を描きました。1908年10月16日付の手紙でモネ夫人は次のように記しています。「ようやくホテルブリタニアに到着しました。眺めが素晴らしく、こんな景色があるのかと思うくらいです。バルバロ邸よりも美しい...

ティエポロ宮殿の脇には19世紀前半まで、ゴンドラを製作する昔の工場、「スクエロ」があり、そういった工場がカッレ・デル・トラゲット通りに立ち並んでいました 。 グランドカナルの この 場所 に鉄の鎖が取り付けられたのははるか昔にさかのぼります。この鎖は、2つの岸の間に渡すことで 防衛システム となります。海賊の侵入を防ぐために9世紀からグランドカナルに取り付けれました。

19世紀後半には、 美しい小さな 邸宅が スクエロが立ち並んでいた地区に建てられました。 これがP・フェニーリが所有するホテル・ローマ&スイスとなりました。1900年、 この宮殿 は、すでにホテルダニエリやグランドホテル、ホテルヴィットーリアを所有していた「ヴェニス・ホテル社」の所有となりました。1906年、同社が「CIGA(Compagnia italiana Grandi Alberghi)」誕生の礎を築きました。

1905年の旅行ガイドには、「特にこのような仕様のホテルの中でも、ホテル・デ・ローマはその内装の素晴らしさで抜群の知名度を誇っている。グランドカナルに面したファサードを3つに分割したアイディアは秀逸である。中央部分が奥まっていることで、テラスに空間が生まれ、潮風とパノラマを楽しむことができるようになっている」と記されています。

ホテル名がホテルレジーナとなったのは、1930年代になってからです。

1938年にはCIGAがホテルブリタニアを買収し、ホテル・ヨーロッパ&ブリタニアと名称変更されました。 所有者が同じであったにもかかわらず、ホテルレジーナとホテル・ヨーロッパ&ブリタニアは長い間別のホテルとして存続してきました。どちらのホテルも 最高級ホテルとみなされ、多くの高名なお客様をお迎えしてきました。

1976年、隅々まで改修が行われた後、2つのホテルが合併して ホテル・ヨーロッパ&レジーナとなりました。

 1998年にスターウッド ホテル&リゾート ワールドワイド の一部となり 、2000年3月にはウェスティンブランド となりました。

Close